東海市・半田市の外壁塗装・塗替えは湯田坂塗装へ!

東海市・半田市の外壁塗装・塗替えは湯田坂塗装へ

  • お問い合わせのフォームはこちら
  • 0120-36-1623(本店) 0120-66-5505(平田店)
3代受け継ぐ老舗の心。こだわり抜いた、元祖手塗り!
  • 施工実績
  • 表彰実績
  • こだわり
  • 専門店プラン45万円

常滑市久米 H様邸 「雨戸錆止め塗り、屋根下地調整」

2015年04月22日

本日の作業は、雨戸錆止め塗り、屋根下地調整を行いました。

昨日に引き続き、雨戸の錆止め塗りを行いました。
雨戸枠はアルミサッシになりますので、鉄板部分のみ錆止めを塗っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋根の下地調整を行いました。
カラーベスト屋根というのは平板瓦を重ねてあります。この重なり部分は通気口としての少しの隙間が空いているのですが、塗り替えを行うと重なっている部分が塗料で埋まってしまうことがよくあります。実はこれが雨漏りの原因のひとつなのです。なぜなら、この隙間は万が一水分が屋根材を浸透して入ってきてしまったときの抜け口にもなっているからです。もしこの隙間が埋まってしまっていれば、中に入ってしまった水分が外に出れず、お家の天井に落ちてきてしまうのです。
実は、このことを知らない塗装屋さんも多いのです。実際、湯田坂塗装に転職してくる下請け仕事を中心にしていた職人さんの多くは、このことは知らなかったです。(今では、きちんと塗料や器具の知識が身についていますが。)

このようにタスペーサーという縁切り部材を差し込み、屋根の雨漏り防止を行います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがタスペーサーになります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次回も引き続き、屋根の下地調整を行います。

今日も一日ありがとうございました。

外壁塗装・屋根塗装のお見積りはもちろん無料です! 今すぐ「ホームページを見た」とお電話を!
お問い合わせのフォームはこちら