東海市・半田市の外壁塗装・塗替えは湯田坂塗装へ!

東海市・半田市の外壁塗装・塗替えは湯田坂塗装へ

  • お問い合わせのフォームはこちら
  • 0120-36-1623(本店) 0120-66-5505(平田店)
3代受け継ぐ老舗の心。こだわり抜いた、元祖手塗り!
  • 施工実績
  • 表彰実績
  • こだわり
  • 専門店プラン45万円

知多市にしの台 K様邸 コーキング打ち替え

2015年01月20日

本日の作業は、サイディング壁の継ぎ目や窓サッシ廻りのコーキングの打ち替え、雨戸等のケレン、鉄部サビ止めを行いました。

まずはコーキングの打ち替えです。
既存のコーキングをカッターナイフ等を使いながら剥がしていきます。
DSCF1555
既存のコーキングを剥がさず、新しいコーキングを充填してもコーキングの膜厚が薄くなってしまい、早い段階でコーキングが割れてきてしまいます。
ですので、実はこの既存のコーキングを剥がす作業がとても重要になります。

剥がし終わったら、仕上がりがきれいになるようにマスキングテープで養生をします。そして、コーキングの密着をよくするようにシーラーと呼ばれる下塗り材を塗りこんでから、新しいコーキングを充填していきます。
DSCF1556

破風板や雨戸をケレンしました。
破風板は剥がれかけている塗料を落としていったり、雨戸等の鉄部は、タワシのようなもので細かな傷を付け塗料の密着をよくするように下地調整の作業を塗装の前に行っています。
この下地調整の作業をケレンといいます。
DSCN2929

しっかりとケレンした雨戸に下塗りとして、サビ止め塗料を塗りました。
今回は雨戸の仕上りが白い色になるので、サビ止め塗料も白色のものを使いました。
DSCF1557

外壁の色もひとまず決まりましたが、少し先になりますが、この先に行う中塗りの作業の時に色の確認をしていただき、K様のイメージしている色に塗り替えていきたいと思います。

今日も一日ありがとうございました。

外壁塗装・屋根塗装のお見積りはもちろん無料です! 今すぐ「ホームページを見た」とお電話を!
お問い合わせのフォームはこちら